gekidankodama

記事一覧(55)

彼について / 森本あお

どうも!こんばんは。劇団木霊64期、4年代の森本あおです。『グレート・ギャツビー』では、ジョーダン・ベイカーという女性の役を演じます。最終稽古が終わり、帰りの電車の中で筆をとっています。何か書かなくてはならないことを随分と前からわかっていたはずなのに、いっこうに思い浮かばず、数分前まで胸がざわざわとしていました。彼について、ほんのすこしだけ書くことにします。(写真は彼ではなく、役者のミノニシ君です。)彼、というのは、この文章においては演出家であり脚本家である高嶋友行君のことを指します。彼は65期なので、わたしからみるとひとつ下の後輩で、わたしはひとつ上の先輩という関係性です。ただ、その言葉だけでは少し物足りないような気もするので、それがどういう関係であるのかという議論を私たちはごくたまにするのです。まあ、そんなことはきっとどうでもいいでしょうから、話を先に進めます。彼は今日も不思議な服を着て稽古場に登場しました。いつもは赤い自転車で颯爽と現れるのですが、今日は電車に乗ってきたそうで、帰り道が同じになりました。(私達のほとんどは電車をつかっているので、彼がそこにいるのは珍しいことなのです。)帰路に空を見上げて切なそうに「今日は満月かな」なんて呟くので、私達はそんな彼をみて最後の稽古が終わった余韻に少しだけ浸りました。彼の背中からただよう哀愁が、私にだけ見えるものなのか、そうではないのか、それはよくわからないのですが、とても不思議な魅力だと思っています。彼のように、彼女や友人に自ら書いた詩を贈る男の子を他に知りませんし、それがまったく嫌味ではないのだから、彼の生きる世界を見てみたいなあとも思います。そんな彼のつくる「演劇」がどのようなものになるのか、きっと劇団員の大勢が期待し、そして集結し、企画が動き出し始めました。企画書を初めて読んだ時からずっと、ドキドキわくわくしています。沢山の時間をかけてここまできました。稽古が始まった時はまだ平成で、令和の気配を感じることもあまりなく、寒いアトリエで筋トレをしながら100年前のアメリカに思いを馳せていました。あっという間のような気もします。2019年、5月、わたしたちが今東京の片隅で演劇をしているこの現象とその感覚を、出来るだけ多くの方と共有できたなら、この試みは成功なんじゃあないのかな。例えば、最近稽古場では食パンが流行っています。いろんな人が食パンをくわえています。そういうこととかね!私はというものの、4年生にもなって、大学に入学して以来1番大学生らしい生活を送っています。授業がとっても楽しいですし、大学にいけばいくだけ稽古も刺激的になります。ところで、おかげさまでお席が残り少なくなってきているそうです。ありがとうございます。まだ予約ができるステージもございます!!私の予約フォームをそっとはりつけて、筆を置きますね。会場にてお待ちしています。30分前のご来場が個人的におすすめ!!森本あお劇団木霊2019年本公演『グレート・ギャツビー』主宰|マツモトタクロウ潤色・演出|高嶋友行原作|F. Scott Fitzgerald『The Great Gatsby』5月24日(金) 19:00〜5月25日(土) 14:00〜/19:00〜5月26日(日) 14:00〜/19:00〜5月27日(月) 19:00〜【出演】箕⻄祥樹原田かづね渡辺大成 ⻄村智翔森本あお 岸香保里高嶋友行【スタッフ】演出助手|内山泰輝 瀬川花乃子 宮崎樹里愛舞台監督|内藤響子舞台監督補佐|木村のばら 照明|柴田大河照明操作|内山泰輝照明補佐|福島未悠音響|宮崎樹里愛音響操作|瀬川花乃子音響補佐|髙久瑛理子映像|濱瑞希舞台美術|廣瀬楽人舞台美術補佐|重村眞輝 田中香穂 内藤響子 南谷風太衣装|水無月光梨衣装補佐|襟花 木下茉莉 田中香穂制作|マツモトタクロウ制作補佐|重村眞輝 丸山怜音宣伝美術|渡辺大成宣伝美術補佐|⻲川ふみか 本田百音WEB|森本あお【料金】入場無料(フリーカンパ制)【会場】劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈記念講堂裏)(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8分(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10分詳しいアクセスはコチラhttp://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168【公演情報】webサイト|http://gekidankodama.com/【お問い合わせ】mail|kodama201905@gmail.com【ご予約】(森本予約)URL:http://ticket.corich.jp/apply/98485/019/

「グレート・ギャツビー」衣裳👗

こんにちは。シャツ一枚では肌寒いけれど、アウター羽織ると荷物になるややこしい季節ですね。グレート・ギャツビーで衣裳を担当しています、水無月光梨と申します。スタッフブログ第三弾にてようやく芸名の当時です。どうぞお見知り置きを。Q.衣裳とはなんぞや名は体を表すと言いますが、日々の装いにも通じるところがあると思います。制服を着ていればその人の職業がわかりますし、小金を持っていそうだなとか、愛人っぽいとか、きれいな字を書きそうとか、これからデートかしらとか。服装から、人となりや今日の予定まである程度想像できます。つまり役者が着ている服だけで、彼らが女子高生なのか、チャラいにーちゃんなのか、噛ませ犬なのか、主人公なのか示せるということです。だからわたしは衣裳のことを動く舞台装置だと捉えています。前置きが長くなりました。そんな可動式大道具の説明をします。Q.仕事の流れはいかに①プラン決めまずは演出家に公演のイメージを聞き、役者にどんな服を着せるか話し合います。「こんな感じで」と写真を見せて具体例を示してくれる演出家もいれば、「とりあえずみんな白っぽく」や「現代の服」など概念でオーダーする演出家もいます。zozotownや楽天市場、InstagramやPinterestなどとにかく色んなところから写真を集め、「こういう服?」「言ってるのはつまりこれですかね?」とイメージを共有し、プランを決めます。ちなみに冒頭の写真は今回の演出家であり、我らがファッションリーダー、トモ・タカシマがプラン決めの際に送ってくれた写真です。さすが木霊のドン小西。②採寸・持ち寄り募集・部室での宝探し全体のイメージが決まったらさっそく衣裳探しです。最初に役者の身長やスリーサイズを採寸。劇団員に使えそう&貸してもいい服を持っていないか聞きます。

タイトル欄を埋めるのが1番難しい。/ 箕西

こんばんは。GWが終わっちまったことに肩を落としたのも束の間。65期のミノニシです。明日はもう土曜日なんですね。1週間の終わりをこんなに早く感じるのなんて今年のGW以来です。びっくり。それもこれも全部演劇なんてものをやっているからでしょう。毎日夜まで稽古してそれ以外の時間でも色んなこと考えてかつ学校にも通ってバイトして掃除洗濯食器洗いそれから風呂の換気扇の不具合とトイレの水漏れに中々本気で対応してくれない管理会社に不信がつのり…え、管理会社ひどくないですか。明日また連絡します!って言われてからそろぼち1週間。待ってても埒が明かないですね🏇いやむしろもっと早く連絡すべきでした。スケジュール管理って大事。そんな日常の中で演劇ができる喜び幸せを日々かみしめる稽古場のことを書くべきですよね。稽古場ブログですもの。今日の晩御飯はなんとハンバーグでした!みたいなこと書いてる場合じゃねえ。失敬。閑話休題、僕はこの『グレート・ギャツビー』という作品に役者として関わっております。役者…多くの場合は言葉を発すると思います。台詞と呼ばれるあれです。これが私たちの普段使用している言語と一致しないってのはままあることです。ここ言いづれえな、とか。日本語でもそうじゃないですか。そうなんですよ。これが外国語になっちゃったらどうしましょ。僕が全てを投げ打って人脈を拡張したって1920年代のアメリカ合衆国のEnglishを和訳した言語を日常的に話す日本人とは繋がれませんてきっと。いたらぜひお話してみたいのでこれを読んでる1920年代のアメリカ合衆国のEnglishを和訳した言語を日常的に話す日本人の方は公演を見に来て下さい。よろしくお願いします。また少し話がそれたので改行しました。そんなこんなで役者一同、1つの大きな課題として言葉というものに向き合っています。はずです。みんなそうだと思う。だよね。この不一致をどうしていくかって。2019年の日本の20歳前後の学生が自分の言葉として獲得するためにはって。なにをどこまで考えてるかまではわかんないけど🌪それでですね、色々考えたり話したりしてたらあること思い出したんです。僕は昨年度5ヶ月くらいバルセロナで生きてた時期がありました。そのときに気づいたことです。この空はバレンシア

我々はどの方角を向いているだろうか(『グレート・ギャツビー』をめぐって)/高嶋友行

インドの水曜日/岸本有斐

こんにちは。「インドの水曜日」終演いたしました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました! 今回、照明・舞台監督補佐を務めました、岸本有斐です。下の名前、ゆいって読みます。女です。よく字面で男だと思われますが、女です。まぁそれはどうでもいいんですけど笑もし、足を運んでくださった方で、このブログを読んでくださっている方がいたら、照明の感想とか、聞いてみたいなーって思います。嘘です。いま、照明…………どんなんだったっけ…??って思った方が多ければ多いほど、私としては大成功です、そんな気持ちで作ってます。もしそうなってなかったら聞きたいかな、反省します…笑まぁそれはさておき。あ、私こういうの苦手なんですよね、ブログ。さらーっと書ける人になりたいなーって思いながらもう10年くらい経ってます。中学生の時ブログ書こうとして3日でやめました。今回書いてーって言われたとき、えええこんなにみんな書いてて最後私でいいのか?!って思いました。いや、まだ思ってます。でももう少し書きます。私、「インドの水曜日」、通し稽古とかとか含めて、たぶん15回くらいかな?見たんですけど、やっぱ見るたび考えちゃいますね、恋愛って難しいなー、みたいな。でも、この1週間は毎日同じ結論に達してました。恋人でも、友達でも家族でも、自分が好きだな大事だなって思う人に、私のことも、好きだな、とか大事にしたいな、って思ってもらえるっていうのが、ほんとに奇跡だなーって。なんかでも、考えれば人生奇跡ばっかりで(いやそれは私の運の良さが人並み以上だからかもしれないけど)、自分がここにいるのも、こうして照明を考える機会があるのも奇跡だと思ったりしてます。なんか明るい人間ぽいこと言ってますね、ごめんなさい、かなり陰の人間です。早稲田祭とか、アトリエでも聞こえる賑やかな音を楽しむくらいがちょうどいいです。でも、だからかな、たまにある奇跡を大事にしながら生きてたいな、なんて、そんなことを考えました。今回、ずーっと早稲田祭の音が聞こえるアトリエで。演劇の世界には入り込ませない!みたいな。現実を忘れずに見るお芝居、って感じで。だからこそリアルなこと考えちゃうというか、自分はどうかなーとか、思っちゃうんだろうなって思ってたんですけど。お客様はどうだったのかなぁ。見た目に似合わずお祭の中に溶け込んだアトリエを、一緒に楽しめていたのなら嬉しいです。ご来場くださった方も、そうでなくても気にかけてくださった方、そしてなにより、このブログをここまで読んでくださった皆様に、心から感謝いたします!!またアトリエでお会いできることを楽しみに。