「グレート・ギャツビー」宣伝美術!

劇団木霊2019年本公演

「グレート・ギャツビー」

スタッフブログ  開始です!


演劇は役者だけでは出来ません。

スタッフあっての演劇です!

というわけで、今日から各セクションスタッフからから見た「グレート・ギャツビー」についてのウラ話(的なもの)をお届けしていきます!


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


記念すべき第1弾は…

【宣伝美術】です!


こんにちは!今回(グレート・ギャツビーと新歓宣伝)の宣伝美術(と役者と演出補佐)を担当しています、渡辺大成です。よろしくお願いします。


早速ですが!そもそも…


Q. 宣伝美術って何?

具体的には、フライヤー(チラシのこと)や看板、当日の座席に置くパンフレットなど、宣伝に関するものを作るセクションです。なるほど。じゃあ…


Q. どうやって作るの?

特に大きい仕事であるフライヤー作成に関しては、大体こんな感じで作っていきます。


①イメージの共有

脚本家・主宰(公演をとりまとめる人ー大体脚本家が兼任します)と相談して、大まかなイメージを共有します。

主宰などが細かいイメージを持っている場合はそれに従ったり、逆に何も決まっていないからおまかせ!になったりもします。

つまり、人によってそれぞれということですね。

★今回は、脚本家から「新宿三丁目の人物写真」「寒色」

などのイメージを貰っていたので、それを元に考え始めました。

②撮影

写真を使う場合、必要に応じてその写真も撮影します。フライヤーのイメージに合わせて、モデルや衣装、場所、写し方などを事前にある程度考えておきます。

★今回のオーダーは「人のいない新宿三丁目」……

果たして新宿三丁目から人が消える時間があるのかッ……!

事前にロケハンをしたり、衣装や構図を決めたりして、いざ撮影です。

ということで、なんとこの写真、真冬(1月)の朝5時半(2℃)から集合して撮り始めました。

全体のイメージもざっくりとしか決めないため、いろんなパターンを撮ります。

その数およそ600枚超…!

新宿三丁目、ビックロ前のスクランブル交差点で、青信号になったら飛び出し、パシャパシャ撮ったら走って退散!を二時間ほど繰り返していました (めちゃくちゃ寒かった)

③デザイン・レイアウト決め

さて、ここからが宣伝美術の腕の見せどころです。

使う写真や掲載情報などから、どのようなデザインにするかを主宰と相談しながら、あやふやだったイメージを実際に形にしていきます

基本的に宣伝美術がデザインを作り、改善点をもらうという形で進めていきます。

この過程でデザインは大きく変わっていくこともしばしばです。

大切なのは、いかに主宰のイメージを汲み取って形にできるかです。

作っていく中で自分の好みなどに引っ張られることもありますが、あくまで依頼されてやるものです。デザインは芸術とは違い、クライアントと作り手の関係の上に成り立つ行為なので、そこを履き違えると大変に思えてきてしまうかもしれません。ちなみに僕はめちゃくちゃ楽しい。

★ちなみに今回の仮初期案がこちら。

ここから20パターンほどの改良を経て…

今回のフライヤーが出来上がりました。(ほぼ原形をとどめてないですね笑)

④いざ、入稿!

印刷はプロの業者にお願いします。CMでも聞いたことのあるあの会社だったり…!大体5000~8000部ほど発注します。段ボール3箱分の自分が作ったフライヤーを目の当たりにした時のワクワク感は…ワクワクですね…


とまぁ、大体こういう流れで作っています。

こうした工程はフライヤーに限らず、看板や当日パンフレットを作るときも同じです。長かったですね、お疲れ様でした。

(でももうちょっとだけごめんなさい!)


……


Q. いや、でもどうやって作るの?

ベストアンサー💮 : パソコンのソフトです。

はい…そうですよねわかります。でも、こればっかりはわかりません。

残念なお知らせ😢ですが、デザインは降ったり湧いたりするものではないのです。言うならば、ひたすらトライ&エラーを繰り返して、ベターだと思う方向にサイコロ🎲を振り続けるような作業でもあります。(そうやって進んだ道が根こそぎ覆ることもあります。)でも、ちょっとした閃きや遊び心からモクモクとイメージが膨らんで、実際に形になっていく様子はとても楽しいものです。

しかしやっぱり頭の引き出しの数勝負にはなります。僕は観劇でもらってきたカッコいいフライヤーをまとめてとっておいたり、企業の広告や素敵な写真など、フライヤーに限らず素敵だなと思ったデザインは保存したりしています。こうやって作っているんだな~とか思いながら広告を眺めてみるのも結構面白いですよ!


大変長くなってしまいましたが、宣伝美術から見た「グレート・ギャツビー」はこんな感じでした。ところで僕は役者として出演もしています!もしよければ見に来てくださいね。

当日お席においてあるパンフレットも要チェケラ!😎

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【ご予約はこちら】

劇団木霊2019年本公演『グレート・ギャツビー』

主宰|マツモトタクロウ

潤色・演出|高嶋友行

原作|F. Scott Fitzgerald 『The Great Gatsby』

5月24日(金) 19:00〜

5月25日(土) 14:00〜/19:00〜

5月26日(日) 14:00〜/19:00〜

5月27日(月) 19:00〜

【料金】

入場無料(フリーカンパ制)

【会場】劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈記念講堂裏)

詳しいアクセスはコチラ▼

【公演情報webサイト】

劇団木霊

劇団木霊の公式ブログです。 公演情報や、役者・スタッフの あれこれをゆるっと更新していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000