おそらくユーモアな話

こんばんは。
66期の内藤です。



今回は『ユーモア』がテーマということで。
人生にはやはりユーモアがあるといいですね。
真面目に生きながらも、ちょっとしたユーモアがあると楽しかったりします。


自分には好きな小説シリーズがあるのですが、その小説の中で「世の中は、やっても駄目なことばかり、どうせ駄目なら酒飲んで寝よか」というフレーズがあります。
(今、手元に本がないので、正確じゃないかもです)
このフレーズが結構好きです。

自分の教訓である「験なきものを思はずは一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし」と似ているところがあるなあと。
これも「考えても仕方のないことを考えてないで、酒飲んどけ」みたいな言葉なのですが、自分は答えのでないことをぐるぐると考えがちな人なので、かなり有難いお言葉であります。

こんなに酒酒言ってますが、自分はお酒に強くないのであまりお酒は飲みません。


ここまできて『ユーモア』のテーマに沿っているのか分からなくなっております。

でも、この言葉たちと共に、人生を真面目に楽しく生きられたらいいなあと。そしたら人生はユーモアに溢れますね。

ユーモアですかね。
おそらくきっとユーモアです。

自分がお酒の代わりに飲んでいるものです。美味しいです。



「地獄のユーモア」
作・演出| 奥手前
|日時| 
2/14 19:00
2/15 14:00 / 19:00
2/16 14:00 / 19:00
@下北沢スターダスト
一律1000円
ご予約↓
https://ticket.corich.jp/apply/104677/013/

劇団木霊

劇団木霊の公式ブログです。 公演情報や、役者・スタッフの あれこれをゆるっと更新していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000